ビタミン不足で関節痛になるって本当?

関節痛はビタミン不足が原因で起こり得る症状ってホント!?その理由とは。 - ビタミン不足で関節痛になるって本当?

ビタミン不足で関節痛になるって本当?

ukyfk関節痛を伴う疾患の原因は、スポーツでの関節の酷使や、肥満による関節への負担、加齢によるもののほか、ウイルス感染によって引き起こされるものまで様々です。
この要因の1つとして、ビタミン不足が関係しているのはご存じでしょうか?

ビタミンは健康維持の潤滑油

ビタミンの働きは、他の栄養素が体内でうまく働けるように手助けをする、潤滑油のような役割を持っています。
ですが、ビタミンの多くは体内で作ることができない成分のため、体外から摂取する必要があります。
食べ物に好き嫌いのある人は特に、栄養の摂り方についてを意識していないと、ビタミン不足に陥りやすくなってしまいます。サプリメントで栄養補助を行うなど、栄養の偏りには充分に気をつけましょう。

関節痛とビタミンの関係

四十肩・五十肩、関節リウマチ、変形性膝関節炎など、関節痛を伴う症例は複数ありますが、これは、関節の骨やその周りに何らかの異常が発生すると起こります。
それは骨の弱さだったり、免疫低下によるものだったりと、原因はいろいろですが、ビタミン不足から考えたときに、摂取が必要とされる栄養分として主に挙げられるのは、

  • ビタミンB1
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンD
  • ビタミンK

です。

日本人に不足しがち「ビタミンB1」

ビタミンB1には、エネルギーを作る手助けと、神経や筋肉の機能を正常に保つ働きをもっています。
炭水化物に含まれる糖質の代謝を促す役割を果たしますが、お米(炭水化物)は精米するとビタミンB1がほとんど取り除かれてしまうため、「白米が主食の日本人には必要な栄養素」でありながら、「日本人に不足がちな栄養素」の1つともなっています。
また、アルコールの摂取によるビタミンB1不足も、お酒を飲む機会の多い方は要注意です。
アルコールに含まれる毒成分を分解してくれるのがビタミンB1で、飲み過ぎると体内での分解が追いつかなくなってしまい、これにより関節痛が引き起こされることがあります。

免疫力アップは「ビタミンB6」

ビタミンB6は、たんぱく質の代謝を助ける効果があります。
皮膚、髪、歯などを健康に保つことや、肝臓に脂肪がたまるのを予防することに役立っています。
また、免疫力を高める効果もあります。ウイルス感染や細菌から引き起こされる関節痛の場合、この予防には欠かせない、免疫力アップのための栄養素でもあります。

肉・魚が苦手な人は注意「ビタミンB12」

ビタミンB12は、神経の修復や赤血球を形成するのに効果があります。
植物性の食品には含まれておらず、動物性の食品に含まれていることが多いため、肉や魚が苦手な人には不足しがちな栄養素なので、注意が必要です。
また、傷ついた神経を修復する機能の改善に働きがある点から、関節痛薬の成分の1つとして用いられることがあります。

カルシウムと一緒に「ビタミンD」「ビタミンK」

ビタミンDは、カルシウムの吸収を助け、ビタミンKは吸収されたそのカルシウムを骨へ定着される役割があります。
また、ビタミンDは日光浴でも合成されますので、散歩や運動などの外出で摂取することも可能です。
骨を強くすることは、関節痛や骨粗鬆症の予防にも繋がります。

適度な運動も忘れずに!

rgega関節痛は、骨や筋肉などの体機能に直結し、日常にも多大な影響を与えやすい重大な疾患に繋がっています。
予防のためには、栄養素も大事ですが、普段からの運動不足や肥満が原因になることがあります。
また、適度な運動をすることで骨が強くなっていくことも忘れてはいけません。
適度な運動と食事の栄養バランスが、健康的な日々を送るために必要不可欠なものであることを自覚し、もし心当たりがあるという方は、早めの改善を図っていきましょう。
■関節痛の症状が出てきたらこちらのサイトをご参考下さい!
ランキングから優良関節痛サプリを決定!非変性Ⅱ型コラーゲンの驚きの効果を解説!